Lipo TEST 血中脂質(コレステロール・中性脂肪)代謝解析サービス

獣医師インタビュー

─ LipoTESTで検査しようと思ったきっかけは?

獣医師向けの勉強会で検査に関する講演を聞いたことがきっかけです。
TChoやTGが異常高値を示しているような症例で、それを放置してよいのか、ずっと気になっていました。胆泥が蓄積している場合など、特に脂質異常が多いですね。

─ どのようにLipoTESTを診療で活用されていますか?

院内検査でTCho、TGが高値を示した症例の精密検査的な位置づけとして活用しています。
LipoTESTで脂質代謝異常の詳細パターンを把握した後は、食事を低脂肪食に切替え、お薬も処方し、脂質代謝の改善を目指します。
2週間後に院内検査を実施し経過をみて、1ヵ月~1ヵ月半後にLipoTESTの再検査を行っています。

─ LipoTEST検査結果に基づく治療効果はいかがでしょうか?

 LipoTESTの検査結果パターンをもとに脂質代謝改善治療を行った、ほぼ全ての症例で、脂質異常症が改善している実感があり、 高い治療効果を得られています。

─ どのような改善症例がありましたか?

肥満のためダイエットを続けているのに、なかなか痩せない犬がいましたが、脂質代謝異常をお薬で改善したら、やせ始めた症例がありました。

また、膿皮症を繰り返し、抗菌剤で一時的に良くなってもすぐ再発してしまう犬がいましたが、脂質代謝の改善により再発を防ぎ膿皮症をコントロールできた症例もありました。

その他、尻尾の後追い異常行動の改善や、耳の聴こえが良くなった症例、老齢犬の活動が活発になった症例などを経験しました。

脂質は生体にとても重要なので、その代謝異常を改善することにより、様々な症状が改善する実感があります。

─オーナー様の反応はいかがですか?

検査結果をもとにした治療の効果がきちんと出ることが多いので、大変喜んで頂けています。
LipoTESTをきっかけに治療に取り組み、飼い犬が元気を取り戻し、涙を流して喜んで頂けたオーナー様もいて、とても嬉しかった思い出もあります。

─最後に

獣医師としては、日々の診療で何が原因かはっきりしなかった事や違和感を、すっきりさせてくれる検査で、とても役立っています

戻る

福田 信子 先生
ふくだ動物病院
栃木県日光市大桑町1172-16
TEL:0288-31-1050
http://www.fukuda-ah.com